カルチャー ツイートする シェアする

サブカル好きは『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』を観よう

投稿日: 更新日:

渋谷直角によるサブカル漫画を、『モテキ』『バクマン。』で知られる大根仁監督により実写映画化。”奥田民生になりたいボーイ”を妻夫木聡が、”出会う男すべて狂わせるガール”を水原希子が演じる。
2017年9月16日から全国の劇場で公開中の映画です。今回は、そんな映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』をご紹介したいと思います!

監督・脚本
大根仁
原作
渋谷直角
キャスト
妻夫木聡、水原希子、新井浩文、安藤サクラ、江口のりこ

あらすじ

「力まないカッコいい大人」奥田民生に憧れる雑誌編集者のコーロキが、おしゃれライフスタイル雑誌「マレ」の編集部に異動となった。仕事で出会ったファッションプレスの美女、天海あかりに一目ぼれしたコーロキは、あかりに好かれたいために仕事やデートに必死になるが、何をやっても空回り。あかりの自由な言動に振り回され、人生が狂っていくコーロキ。はたして、あかりとの未来はあるのか…。

この映画のここがすごい!

キャスティング最高!

この映画を観る前、「民生になりたいボーイが妻夫木聡じゃカッコよすぎるだろう」と思いました。Twitterでも「妻夫木聡が奥田民生になりたいわけないだろう」なんていうツイートを見かけ、やっぱりそうだよな…と。筆者は原作を読んでいましたが、民生になりたいボーイはなんとなく、もうちょっとモサッとした感じの男性をイメージしていました。なので、コーロキを妻夫木聡さんが演じると決まった時点で驚きました。
しかし実際映画を観てみると、コーロキが妻夫木聡さんで良かった!!と素直に感じました。あかりを追いかけ、振り回され、情けない表情をする彼が最高でした(笑)

大根監督の映画って、いつもキャスティングが良いんですよね。「え、この人でいいの?役に合わなくない?」と映画を観る前は思うことがあるのですが、実際観てみると「このキャスティングで良かった」と思えるのです。監督のキャスティングのセンスは抜群です。他の役の俳優さんも光ってて、一人一人のキャラクターを目立たせるのがとにかく上手いです。

エロくて可愛い水原希子を見逃すな!

この映画の一番の見どころはなんといっても、エロくて可愛い水原希子さんです。あまりネタバレになることは言えないので、とにかく映画を観てください(笑)

大根監督、女性を可愛く撮るのがすごく上手なんですよね…今回の『奥田民生になりたいボーイ~』でもそれを感じました。エロくて可愛い水原希子さんを見れただけでも、この映画を実写化する価値があったのではないかと思います。

テンポ良く進むので飽きない

テンポ良く話が進み、所々笑えるシーンがあったので飽きずに観られると思います。「何も考えずに観られる映画」と言ったら失礼になるかもしれませんが、本当にそんな感じです。

こんな人におすすめ!

  • サブカル好き
  • 奥田民生になりたいと思ったことがある
  • エロい水原希子を見たい

サブカル好きの方なら抵抗なく観られる作品だと思います。また、『モテキ』などの大根監督の作品を観て面白いと思ったことがある方は、『奥田民生になりたいボーイ~』もきっと楽しめます。

「奥田民生をよく知らなくて楽しめなかった」「原作を読んでないから楽しめなかった」…なんてことはないと思いますのでご安心を。

渋谷直角さんの漫画

この映画の原作となった漫画が『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』です。作者は渋谷直角さん。
民生になりたいボーイも良いのですが、同じく渋谷直角さんが描いた漫画でおすすめしたいのが『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』です。多分、民生になりたいボーイが気にいったならこの漫画も絶対面白いと思います。これを読んで以来、J-POPのボサノヴァカバーをどこかで聴くと、「これを歌ってる人はきっとあんな人生を…」なんて思うようになってしまいました。
どちらも書店やAmazonなどで購入できます。気になった方は是非どうぞ。

渋谷直角さんの公式HP:ホーム – 渋谷直角のホームページ

最後に

映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』は、全国の映画館にて公開中です。一人で、また友達と観に行って楽しい映画です(キスシーン多めでエロいので付き合いたてのカップルにはあまりおすすめできないかも笑)。 是非映画館のスクリーンでご覧ください!

映画公式HP:映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」公式サイト

The following two tabs change content below.
まめこ
平成生まれのサブカル女子。趣味が生きがいです。

-カルチャー -,
ツイートする シェアする

関連記事

当たる電話占いランキングBEST5【不倫・復縁相談】

手軽に電話一本で占い鑑定がしてもらえると人気の電話占い。その人気も相まって、電話占いサイトは年々増加しています。 そうなると気になるのは「どのサイトが使いやすいの?」「どのサイトが当たるの?」という点 …

感傷的な気分に浸りたい時に観たい野島伸司ドラマ作品3選

脚本家の野島伸司氏。代表作には『101回目のプロポーズ』『高校教師』『ひとつ屋根の下』などが挙げられる、人気の脚本家です。ここ数年の作品では『明日、ママがいない』や『アルジャーノンに花束を』などが話題 …

後味の悪さが魅力的!?話題のジャンル『イヤミス』特集

皆さんは小説を読むとき、どんな作品を選びますか? 恋愛小説やミステリー、SFなど様々なジャンルがある小説で、最近話題になっているジャンルがあります。 今回は話題のジャンル「イヤミス」についてご紹介しま …

2018年注目舞台情報!あなたはどれを観に行く?

舞台の世界は常に数か月前から動きがある世界。 すでに2018年に上演予定の作品も続々と情報が告知され、チケット販売が始まっている舞台も。 そこで、今回は2017年11月現時点で告知されている2018年 …

1年に1度の祭典!『ハンサムフェスティバル』がすごい!

みなさんはイケメン……いえ、ハンサムは好きですか? ハンサム好きのお姉さま方…そして男性にもおすすめできるハンサムなイベントが12月に開催されます! それがこちら! Amuse Presents HA …