カルチャー ツイートする シェアする

2018年注目舞台情報!あなたはどれを観に行く?

投稿日:2017年11月13日 更新日:

舞台の世界は常に数か月前から動きがある世界。
すでに2018年に上演予定の作品も続々と情報が告知され、チケット販売が始まっている舞台も。

そこで、今回は2017年11月現時点で告知されている2018年の注目舞台をご紹介します。

※掲載情報は2017年11月投稿日現在のものとなります。最新情報、詳細情報等は公式HPなどをご確認ください。

マタ・ハリ|1月21日~2月18日

ストーリー

1917年、第一次世界大戦の暗雲たれこめるヨーロッパ。
オリエンタルな魅力と力強く美しいダンスで、パリ市民の心をとらえて放さないダンサーがいた。名は、マタ・ハリ。
彼女の人気はヨーロッパ中におよび、戦時下であっても国境を越えて活動する自由を、手にしていた。
その稀有な存在に目をつけたフランス諜報局のラドゥー大佐は、彼女にフランスのスパイとなることを要求する。もし断れば、人生を賭けて隠してきた秘密を暴くことになる、そう、ほのめかしながら……。自らの過去に戻ることを恐れ、怯えるマタ。
同じ頃、彼女は、偶然の出来事から運命の恋人に出会う。戦闘パイロットのアルマンは、彼女の孤独な心を揺らし、二人は、ともに美しい夜明けのパリを眺め、人生を語りあう。
一方ラドゥーの執拗な要求は続き、一度だけスパイをつとめる決心をしたマタ。彼女の世話を続けてきた衣裳係アンナの祈りの中、公演旅行でベルリンへ向かい、ドイツ将校ヴォン・ビッシング宅で、任務を無事遂行する。しかし、謀略はすでにマタ・ハリの想像を超えて進み、アルマンへの愛に目覚めた彼女の運命を、大きく歪めようとしていた…。

「スカーレット・ピンパーネル」「ジキル&ハイド」で人気の作曲家フランク・ワイルドホーンの最新作。2016年に韓国で上演され、大ヒットしたミュージカルが、2018年日本に初上陸します。
数奇な人生を歩んだマタ・ハリ役を元宝塚のトップスターである柚希礼音さんが、ラドゥー大佐とアルマンを数々の舞台などで活躍する加藤和樹さんが演じます。また、ラドゥー大佐とアルマンのWキャストとして佐藤隆紀さん(ラドゥー)、東啓介さん(アルマン)が抜擢されています。

ミュージカル「マタ・ハリ」

公演日程
大阪:1月21日(日)~28日(日)
東京:2月3日(土)~18日(日)
会場
大阪:梅田芸術劇場 メインホール
東京:東京国際フォーラム ホールC
チケット
S席:13,000円
A席:9,000円
B席:5,000円
チケット一般発売日
2017年10月22日(日)~各プレイガイドにて
公式HP
「マタ・ハリ」特設ページ 梅田芸術劇場

伊賀の花嫁 その二 鬼は外編|1月24日~2月4日

【あらすじ】
2017年1月に銀座界隈を騒がせたあの舞台から一年。
続編が決定!
伊賀の忍者の末裔、三四郎の婚活物語。
アイドル好きの三四郎に、果たしてお嫁さんは見つかるのか?
あの、お騒がせな男たち!?が帰ってくる。

2017年1月に銀座の博品館劇場で公演され、大爆笑を巻き起こした「伊賀の花嫁」の続編。
続編ではありますが、5本からなるオムニバス形式となっているので、前作を観ていない方でも楽しめるのではないでしょうか。
出演は前作でも主演を務め、数々の舞台で主要な役を演じている町田慎吾さん。その脇を方南ぐみの公演ではおなじみのTHE CONVOYの瀬下尚人さんや水谷あつしさんが固めています。

方南ぐみ企画公演「伊賀の花嫁 その二 鬼は外編」

公演日程
2018年1月24日(水)~2月4日(日)
会場
俳優座劇場
チケット
6,800円(税込・全席指定)
チケット一般発売日
2017年11月25日(土)~各プレイガイドにて
公式HP
方南ぐみ企画公演 「伊賀の花嫁 その二 鬼は外編」詳細続々決定! | 劇団 方南ぐみ

アンフェアな月|2月22日~3月4日

ストーリー

生後3か月の赤ん坊が行方不明になった。
しかし、泣き崩れる母親が警察に通報してきたのは、行方不明となって8時間が経過してからだった。
特殊班の現場に駆り出された強行班の刑事・雪平は母親による狂言誘拐を疑うが、
母親を問い詰めていたそのとき、犯人らしき人物から電話が入る。
電話の主は、「娘に見合うだけのものを用意しろ」という曖昧な指示を残して電話を切った。
身代金の要求もなく、条件も提示しない奇妙な犯人。
目的の分からないこの犯人に捜査本部が翻弄される中、誘拐された幼児のものと思われる遺留品が、とある山中で発見される。
そこで捜査員たちは予想もしなかったものを見つけ……。

2006年にドラマ化され話題となった「アンフェア」が舞台化。ドラマ化の原作となった「推理小説」の続編、刑事・雪平夏見シリーズの第二作目となる「アンフェアな月」のストーリーが元となっています。
捜査一課強行班所属の女刑事・雪平夏見を篠田麻里子さんが、雪平の相棒である安藤一之を数々の舞台や映像作品で活躍する染谷俊之さんが演じます。

 ~刑事・雪平夏見シリーズ~ 舞台『アンフェアな月』

公演日程
2018年2月22日(木)~3月4日(日)
会場
天王州 銀河劇場
チケット
前売S席(1F・2F):8,500円
当日S席(1F・2F):8,800円
前売A席(3F):7,500円
当日A席(3F):7,800円
チケット一般発売日
2017年11月25日(土)~各プレイガイドにて
公式HP
舞台「アンフェアな月」公式サイト

1789 -バスティーユの恋人たち-|4月9日~5月12日

パリに咲き、バスティーユに散った美しき愛の物語。

民衆は貧困にあえぎ、貴族は贅沢に溺れる18世紀末のフランス―。
農夫ロナンは父を貴族に殺害されたことをきっかけに、
パリへ飛び出し、革命派に身を投じる。
デムーラン、ロベスピエール、ダントンら熱き仲間を得て、新しい時代に希望を燃やす。

一方、宮廷に仕える心優しき侍女・オランプは
マリー・アントワネットとフェルゼン伯爵の逢瀬を手引きしてパリにやってくる。
マリー・アントワネットをつけ狙う一味との騒動に巻き込まれたロナンは
オランプと運命の出逢いを果たす。

決して出逢う筈のなかった二人は強く惹かれ合うも、対立する身分が壁となる。
そして、愛に悩む彼らの心を揺さぶるかのように革命の足音が近づいてくる…。

1789年7月14日、バスティーユ牢獄襲撃。
遂に革命の火蓋が切って落とされる―。

2012年にフランスで初演、2015年に日本に上陸した話題作が2018年帰ってきます。
日本語版は2015年に宝塚歌劇団で公演された宝塚版と、2016年に東宝が制作した東宝版とありますが、今回上演されるのは東宝版。
ロナン役は2016年と同じく小池徹平さんと加藤和樹さんのWキャスト、オランプ役も2016年と同じく神田沙也加さんと夢咲ねねさんのWキャストとなっています。マリー・アントワネット役は2016年から引き続き凰稀かなめさん、そして龍真咲さんのWキャストです。
4月からの東京公演の他、6月には大阪新歌舞伎座で、7月には福岡博多座での公演も予定されています。

1789 -バスティーユの恋人たち-

公演日程
2018年4月9日(月)~5月12日(土)
会場
帝国劇場
チケット
S席:13,500円
A席:9,000円
B席:4,000円
チケット一般発売日
2018年2月3日(土)~各プレイガイドにて
公式HP
帝国劇場『1789 -バスティーユの恋人たち-』

ZEROTOPIA|4月9日~5月22日

目覚めると…気がつくと…意識を取り戻すと…
そこは島であった。
感覚が…おかしい。
五感が…変だ。
確かな事は…自分は、島にいる。

そんな感覚に取り憑かれ、島を見渡しているのは自分だけでは無かった。
何人かの人間が島に生きていた。
否、生き残っていた。

彼等は自分と同じ豪華客船に招かれた人々。
沈むはずのない客船が沈んだ。

打ち上げられた数名の命・・・男と女。
彷徨い徘徊している内に出逢いを重ねる人々。

罪を隠す女
恨みを隠す男
悲しみを隠す男
狂気を隠す女
何も隠さない男
そして、企みを隠す男…

一つ一つ剥き出しになっていく彼らの隠された過去。
そして、彼等は知る。
この島に流れ着いたのではなかった…。
客船は沈没したのではなかった…。
「俺達は、沈没させられ!流れ着かされたのだ!この島に!」

この島は、色を失った、地図にない島。そして、大きな大きな…陰謀渦巻く島。
彼らは、なぜ、集められたのか。
心の奥底に巣食う闇を抱えて生きてきた彼らに、魔の手が近付く…。

演劇ユニット「地球ゴージャス」によるプロデュース公演の第15弾。
作・演出を岸谷五朗さんが、演出補を寺脇康文さんと地球ゴージャスのお二人が手がけ、キャストには「マタ・ハリ」にも出演される柚希礼音さんや、T.M.Revolutionの西川貴教さん、新田真剣佑さん、宮澤佐江さんなどが選ばれています。
4月からの東京公演の他に、愛知、新潟、福岡、広島、大阪でも順次公演予定です。

地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15「ZEROTOPIA」

公演日程
2018年4月9日(月)~5月22日(火)
会場
TBS赤坂ACTシアター
チケット
S席:12,000円
A席:9,500円
B席:8,500円
チケット一般発売日
2017年12月9日(土)~各プレイガイドにて
公式HP
『ZEROTOPIA』 – 地球ゴージャス プロデュース公演 Vol.15

最後に

2018年公演予定の舞台から注目の作品を5つご紹介しました。
すでにチケット販売が開始しているものもありますが、どれもまだチケットの入手は可能。ぜひ興味のある舞台があれば観劇してみてくださいね!

The following two tabs change content below.

-カルチャー -, ,
ツイートする シェアする

関連記事

渋谷で占いをするならここ!当たる人気店TOP3♡

占い激戦区といわれている、東京渋谷。渋谷へ占いに行こうと思った時、占い店や占い師が多すぎて迷ってしまう方もいるかと思います。そこで、渋谷の当たる人気占い店TOP3を発表します。人気占い師の紹介もしてい …

小説家:山田悠介 オススメの小説ベスト3

年々、活字離れの勢いが激しいと感じている筆者です。 今ではマンガも小説もスマホや電子本といったもので読めてしまうのでわざわざ小説を買わなくても良くなりましたね…。 そんな今回は筆者が学生ときによく読ん …

ときめきが止まらない!おすすめの少女漫画3選

突然ですが、みなさんは少女漫画を読んでいますか? 筆者は小中学生の頃までは読んでいたのですがどんどんと疎遠になりまして、最近また読み始めました(笑) いや、もうね、最近の少女漫画って凄いんです。 セリ …

女の子でもハマっちゃう!?地下アイドルのライブ状況

かつて「アイドル戦国時代」と言われていた時代があり、AKB48を代表する48Gから、地下のグループまで幅広いアイドルが活躍する時代がありましたね… 今回はアイドル好きの私が地下アイドルについて紹介しま …

将来の夢にもランクイン!“YouTuber”が人気な秘密に迫る!

スマートフォンをお持ちの方ほとんどは「YouTube」を見たことがあると思います。 その中で日常的に見る人が増えている理由としてあがるものが、最近私がハマっていることの1つでもある「YouTuber」 …