恋愛・コラム ツイートする シェアする

社内恋愛のきっかけと危険性

投稿日:

職場での出会いは少なからずあると思います。
社内恋愛を憧れている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
また、3月・4月は異動や入社など出会いが増える季節です。

私から、きっかけと危険性について紹介したいと思います。

まずはきっかけから…

①職場で同じ時間を共有する

会社でチームなどを組んでいる場合は意思の共有ができて自然と親近感や連帯感などが生まれます。

②仕事の悩みを相談する

これが一番きっかけになるのではないかと思います!!
自分の弱い部分を見せることによって頼られていると感じ優越感が生まれます。不思議と好意を持たれるように…。

③社外でランチ

職場ではなかなか話せないことも社外であれば心をオープンにしやすくなります。
また、お互いにプライベートな話しもできるのでいっきに距離がここで縮まります。

④会社のイベント

忘年会・新年会はどこの会社でも行うと思います。
そこでは普段、部署が違くて会わないなんて人ととも交流ができます。
それに、お酒を飲んでいればいつもよりも緊張せずに話すことができます。

⑤通勤が同じルート

通勤ルートが同じだと時間が会えば会社まで一緒に行くことができます。
もちろん、帰る時も一緒になれますよね。その会話の中で相手にさりげなく食事のお誘いができちゃいます!社外でも一緒に入れるのはうれしいですよね。

大まかですがこれが「ありがちなパターン」です。

さて、次に社内恋愛の危険性です…

①周りから冷やかされる

社内恋愛がばれてしまうと周りから「どうやって付き合ったの?」などと質問攻めに合ってしまいます。
これだと、会社に行くのが億劫になってしまいますよね。

②仕事に支障が出てしまう

仕事に力が入らない。切り替えができる方はいいですが
ほとんどの方が恋をして周りが見えなくなってしまっています。
また、けんかなんてした日には話しかけることができなくなってしまいます。

③先輩・上司・社長の態度が変わる

社内恋愛をしているからと言って仕事に集中できていないなどと言われ、急に当たりがきつくなります。また、陰口を言われたりする可能性もあります。
評価が下がると言う場合もあります。

④一緒にする仕事が減ったまたは一切なくなった・異動

今までは一緒にする仕事があったのに突然、減ってしまった。
また、チームからはずされたりと仕事に支障がでてきます。
もしかしたら、収入にも支障が出てくるかもしれませんね…。

⑤会社をクビ

一番最悪なパターンです。
【社内恋愛禁止】の企業も少なくありません。契約書に書いてある場合もあります。
前もって書面や先輩などに確認しておくことをおすすめします。
仮に、たとえどちらかが残ったとしてもその人はきっと肩身が狭い思いをするでしょう。

最後に

こう見ると社内恋愛するのも大変ですよね。
ただ、どこの会社もこういうものだとは限りませんのでご注意を。
もし、あなたが社内恋愛をしたとしても職場の人にはバラさないのが一番です◎

The following two tabs change content below.
ゆうか
ゆうか
アクティブ女子。つねに楽しいことを考えています☆ミ

-恋愛・コラム -
ツイートする シェアする

関連記事

【初回無料】占い師に恋愛相談!占いアプリ「みん占」を使ってみた

恋愛占いアプリの「みん占」をご存じですか?スピクラ!では新感覚☆話題のチャット占いアプリ5選でもご紹介しました。 実は編集部スタッフの間でも大人気のアプリなんです。今回は、実際にこの「みん占」を使って …

女子が本当に欲しいものって!?ホワイトデーのお返しで嬉しいものはコレだ!

もうすぐホワイトデー。バレンタインで本命チョコをもらった人も、義理チョコをもらった人も、お返しって毎年悩みますよね。そこで、「ホワイトデーのお返しで一番嬉しかったもの」「ホワイトデーのお返しで微妙だっ …

男性から愛される女性になる方法

「男性から愛される女性になりたい。」 【1度は思ったことはないでしょうか?】 ”5つのポイントをおさえておけばあなたも男性から愛されちゃうかも!?” これを見て、もしかしたら今の自分に当てはまることが …

二人の愛が深まる!?オススメのおうちデートプラン

おうちデートは、二人きりで過ごすことができる大切な時間。出費を抑える工夫もできるので、会う頻度の多いカップルにとっては定番ですよね。 付き合って最初の頃は楽しんでいたおうちデートも、回数を重ねるごとに …

すれ違いには理由があった?男女の考え方の違いとは

男友達と接しているとき、彼氏と付き合っているとき、「考え方がよくわからない」「こっちのことを理解してくれない」なんて思ったことはありませんか?もしかしたらそれは、男女の考え方の違いのせいかもしれません …