恋愛・コラム ツイートする シェアする

男性脳と女性脳 脳科学からみる男女の違い

投稿日: 更新日:

こちらで少し紹介した男性脳と女性脳の違いについて↓
男性が言われて嬉しい言葉

  • 彼の事がよく分からない。
  • ケンカばかりしてしまう。
  • 全然話を聞いてくれない。

などなど…

そんな人たちにぜひ読んでいただきたいです!

1.男性脳 女性脳

そもそも、男性と女性では脳の構造が違います。
男性は女性より約10%程度、脳が大きくなっています(脳が大きいからと賢いという因果関係はありません)
そして、左脳と右脳を繋ぐ「脳梁」(のうりょう)という物が存在します。
脳梁が大きいほど左右の脳の連携が取れ、脳全体で物事を考えるのです。

女性の方が脳梁は大きい傾向がある

この脳梁の太さにより大きな差が生まれ、男性脳・女性脳と呼ばれるものとなります。

これらを踏まえた上で、少しでも異性の考えて方について理解していただければと思い、男性と女性での考え方の違いについて少し掘り下げてみようと思います!

2.比較

一般的な違いは……

男性脳 女性脳
論理的 感情的
結果が気になる 結果よりも過程が気になる
ハイリスク・ハイリータンを好む 安定志向を好む
一つのことに集中する 複数のことを同時に進行出来る
他人の感情に鈍感 他人の感情に敏感

3.男性は話を聞いてない!?

男女の脳の違いによる事により、いったい何が起こるのか。
女性脳はマルチタスク型と呼ばれ、育児や家事を同時に行えたり、会話の中であった出来事を男性よりも覚えている事が出来ます。

しかし、男性脳はシングルタスク型である為に、新聞やゲームをしている彼に話しかけても、反応は薄くなってしまうでしょう…。
言ってしまえば、聞こえていないのです。

女性「作業が終わったら片付けてね。」
男性「う~ん(聞こえていない)」
女性 (返事をした!)

おおよそこんな感じです笑
この後、男性が片付けをしないで女性に叱られてしまう事が目に浮かぶと思います。

この様に男性は、どうしても複数の事をするのが苦手です。
何かを伝える時は、作業が終わってから伝える、またはメモを残すのがいいでしょうね!

おまけ だから占いが好き!?

女性は占いが好きというのもこの様な要因があります。

ほとんどの女性にとって「相談」とは、相手に「解決」を求めているだけではなく、「共感」を求めている場合が多いということです。
お互いを助け合いながら、自分の感情の支えとなってくれる存在が親、親友、恩師など、占い結果なのです。

悩みの多い女性にとって、話すという事は自分の悩みを聞いて欲しいという「共感」からきています。

血液型占い、タロット、星座占いなど、さまざまな占い方法があります。
悩みを聞いてもらった上で、解決方法まで導いてくれる…。
いい事だらけですね!

最後に

男性は一つの物事に集中するが故に、女性には納得いかない事があり、すれ違う事もあるかと思います。
今回の記事を読んでいただき、男女の考えについて少しでも理解をしてもらい、より良い関係が築けるのではないかなと思っています。

The following two tabs change content below.
下川
下川
20代男性。男性目線で少しでも参考になればと思います!

-恋愛・コラム -, ,
ツイートする シェアする

関連記事

当たる電話占いランキングBEST5【不倫・復縁相談】

手軽に電話一本で占い鑑定がしてもらえると人気の電話占い。その人気も相まって、電話占いサイトは年々増加しています。 そうなると気になるのは「どのサイトが使いやすいの?」「どのサイトが当たるの?」という点 …

脈あり男性が出すサイン

連絡してはいるけど、気になるあの人の気持ちが全然わからない。 よく話しかけてくるけど、脈があっての行動なのかな? そんなあなたにこれを見て、彼がどう思っているか見極めて見てください! 会話を続けてこよ …

失恋を乗り越える方法

恋が終わるとどうしても気分が暗くなりがち。 そんなときに前向きになれる方法をご紹介いたします。 悲しく、つらい・・・失恋を乗り越える方法はないかな・・・。 恋が終わるとどうしても気分が暗くなりがちにな …

ついつい甘やかしたくなる“犬系男子”

今、女性の間で人気なのが“犬系男子”と呼ばれるタイプの男性。 犬と聞くと「従順」「素直」「単純」といったワードを思い浮かべ、常に明るく元気に走り回っているイメージがありますが…犬系男子もはたしてそのイ …

知っておいて損はない!【恋愛心理学】

実は身の回りで普段使われている、心理学は非常にたくさんあります。 心理学を応用することにより、恋愛心理学へと発展していきます。 恋愛心理学を利用して、気になるあの人の気を惹いてみましょう! 吊り橋理論 …