恋愛 ツイートする シェアする

男性から愛される女性になる方法

投稿日:

「男性から愛される女性になりたい。」
【1度は思ったことはないでしょうか?】

”5つのポイントをおさえておけばあなたも男性から愛されちゃうかも!?”

これを見て、もしかしたら今の自分に当てはまることがあるかもしれません。
落ち込まないでくださいね。気を付けることもとても大切なことですし、
あなた自身の成長にもつながりますから…。

それでは紹介します!!

①明るい

暗い女性と一緒に居ても楽しくないですよね…
これは男性だけに関わらず女性も思うのではないでしょうか。

逆に明るい女性であれば単純に
「もっと一緒に居たいな」と思ってもらえますよね♪

②前向き

ちょっとしたことでクヨクヨせずに「ここを直そう!」「これからはこうしていこう!」
などと前向きに考える女性は自立心があって大変、魅力的です!!

※甘えられるのは恋人までです!結婚は助け合いがたいせつなもの。
結婚をしたらお互いに支え合っていくものです
旦那さんが落ち込んでいるときこそ!あなたからポジティブな言葉で励ましてあげましょう!
それすることによって旦那さんとの絆が深まります。

③よく笑っている

男性・女性関係なく笑顔が良い人の周りは自然と人が集まってきますよね!
「笑顔は最大の武器」です!!常に意識をして口角をあげてみましょう♪
恋人の笑顔を見ていて幸せだなと感じますよね。

④聞き上手

今、あなたは一方的に自分の話をしていませんか?
自分は楽しいだろうけど、相手からしたら退屈でつまらないはず…。
せっかく一緒に居るのだから相手も話しも聞いてあげましょう。

それに「聞き上手」な人ほど自分に興味を持ってくれているのだと思いますし、不思議と親近感が湧いてきませんか?
また、そこがきっかけで相手に好意が生まれる可能性もあります。

⑤犠牲心がある

相手ばかりに求めず、自分から与えることが大切です。
男性に○○してほしい!と求め過ぎていませんか?
相手も人間です。なかなか自分の思う通りにはいきません。

「見返りを求めずに相手に優しくできるのがすてきな女性です◎」

おまけ◎

「自己肯定感」を持っていることも非常にたいせつなこと。

自分を積極的にかけがえのない存在で、ありのままの自分で良いと判断してそれを認めることです。
※ナルシストとは違いますよ!これは文字通り、自己を肯定する感情ということです◎

”自己に自信があれば他者に依存”しなくなります。
自信がないからこそ、相手頼みになっているときはありませんか?
人に甘えているだけでは自分の成長が止まってしまいます。

自己肯定感が高まればプラスな言葉を発するので
仕事や恋愛などあらゆる場面で幸せになりやすくなります♪

最後に

見ていただいていかがでしたでしょうか?あなたはいくつ当てはまりましたか?

これは簡単のように思えますが、一度に5つ全て実行するというのは難しいと思い者です。
なので、まずは1つ1つチャレンジしてみてくださいね。

そして最後には「すてきな愛される女性」にあなたもなっていると思います♪

The following two tabs change content below.
ゆうか
ゆうか
アクティブ女子。つねに楽しいことを考えています☆ミ

-恋愛 -
ツイートする シェアする

関連記事

東京で占いをするならここ!当たる占いの館TOP10♡

住む人が多く、また日本全国や海外からの観光客も多い東京。占いの館やパワースポットが多く、占い好きの方やスピリチュアル関心のある方にとってはたまらない街なのではないでしょうか。 今回は、数々の占い師の鑑 …

遠距離恋愛を成功させたい!

恋愛で定番の悩み、遠距離恋愛。 「自分には関係ない」「遠距離でも自分たちならうまくやれる」そう思っていませんか? 実は遠距離恋愛になったカップルの多くは3か月~1年で別れてしまうのだとか。 会えない寂 …

失恋を乗り越える方法

恋が終わるとどうしても気分が暗くなりがち。 そんなときに前向きになれる方法をご紹介いたします。 悲しく、つらい・・・失恋を乗り越える方法はないかな・・・。 恋が終わるとどうしても気分が暗くなりがちにな …

女子が本当に欲しいものって!?ホワイトデーのお返しで嬉しいものはコレだ!

もうすぐホワイトデー。バレンタインで本命チョコをもらった人も、義理チョコをもらった人も、お返しって毎年悩みますよね。そこで、「ホワイトデーのお返しで一番嬉しかったもの」「ホワイトデーのお返しで微妙だっ …

すれ違いには理由があった?男女の考え方の違いとは

男友達と接しているとき、彼氏と付き合っているとき、「考え方がよくわからない」「こっちのことを理解してくれない」なんて思ったことはありませんか?もしかしたらそれは、男女の考え方の違いのせいかもしれません …