美容・ファッション ツイートする シェアする

目指せ美髪!髪の正しい乾かし方♡

投稿日: 更新日:

髪は女の命!とよく言われていますが、まさにその通りだと思います。
やっぱりサラサラでキューティクルラインがある髪って触りたくなっちゃうじゃないですか…

いわゆる“美髪”になる鍵は髪の乾かし方にあるんです。
正しい乾かし方を学んで、サラサラな髪を手に入れましょう♡

自然乾燥はNG!必ずドライヤーで!

熱で髪が傷みそうだから…と自然乾燥の人もいるかもしれませんが、これはNG!
自然乾燥にしてしまうと以下のようなデメリットがあります。

  • 頭皮に雑菌が繁殖し、臭いの原因になる
  • 髪がパサつく
  • そのまま寝てしまうと修復不可能なレベルのダメージに

うーん、これは確かにドライヤーで乾かすべきですね(´・ω・`)

髪を乾かす前にしておくべきこと…

①しっかりとタオルドライをする

タオルの上から指で頭皮をマッサージするように水気を拭き取り、髪の毛をこすり合わさずにタオルで挟んで押さえるように水気を吸い取ります。

②髪の毛の流れに沿ってくしでとかす

粗歯のコームやブラシで髪をとかします。密歯だと引っかかって傷めてしまうのでご注意を!

③洗い流さないトリートメントをつける

摩擦やドライヤーの熱から髪を守り、パサつきを防ぐためにも洗い流さないトリートメントは大切です。

エルジューダ エマルジョン+/ミルボン
120g ¥2,600(税抜)
▼エルジューダ エマルジョン+/ミルボン商品詳細ページ

筆者は友人からもらったエルジューダを使っているのですが、サラサラ・ふわふわになることはもちろんのこと、香りがふんわりと甘くて女子力が上がった気分になります。かなりおすすめですね!

それでは髪を乾かしましょう!

Point1.全体をザッと乾かす

ドライヤーと髪の毛は10cm程度離して当てます。
先に根元だけ乾かして、次に根元から毛先に向かって乾かしていきます。
ドライヤーは1点を集中させて乾かすのではなく、風を散らすようにドライヤーを振りながら当てるといいでしょう。毛先はダメージがあって乾きやすいので最後に乾かします。

髪の毛全体で8~9割乾いてる状態でストップ!

Point2.ある程度乾いた後が重要

★広がりやすい、量が多い、くせっ毛の方は…

髪の毛を下に引っ張るように根元から毛先にかけてドライヤーを当てます。
乾き終えたら、頭頂部をロールブラシなどで上から当てておさえるか手の平を当てておさえながら温風を当てて、最後に冷風を当ててしっかりボリュームダウンを固定させましょう!

★ペシャンコ髪でお悩みの方は…

トップの髪をわしづかみして、根元に起こすようにドライヤーの温風を当てます。
そして、手はそのままにしてドライヤーの冷風で冷ますか少し放置。すると不思議とボリュームが出るんです!

最後に

いかがでしたか?最後の仕上げはスタイリングによって乾かし方が違います。
筆者は髪が広がりやすいタイプなのですが、乾かし方を変えただけで朝起きた時に全然違いましたね♪

The following two tabs change content below.
ちゃちゃ
ちゃちゃ
とにかく洋服が大好き!しかしハイブランドに手を出す勇気はまだありません。

-美容・ファッション -,
ツイートする シェアする

関連記事

渋谷のマッサージ店おすすめ5選【安い・安心♡】

安い料金で気軽に癒してくれる、女性も安心して受けられる渋谷のマッサージ店をご紹介します。主なメニュー(料金)や予約方法なども載せているので、マッサージ店選びの参考にしてみてください。 ①ほぐし処Goo …

花粉症

花粉症皮膚炎に困っている方にオススメのケア商品

冬が終わり春がやってきますが、今年も嫌いなアイツ【花粉症】がやってきます。 今年、2018年花粉のピークは3月上旬から4月上旬までと言われています。※スギ花粉の場合 ヒノキ花粉の場合は4月から中旬まで …

メイク汚れきちんと落とせてる?タイプ別【クレンジング】の特徴

メイクをした時間と同じくらい落とす時にも時間をかけよう!と言われるほど重要なクレンジング。 ただしお肌が乾燥気味なのに洗浄力の高いもので時間をかけすぎると、さらなる乾燥の原因になるそう。 そこで、タイ …

安くても優秀!プチプラでもしっかり使える化粧下地たち

毎日の化粧に欠かせない化粧下地。日常的に使うものだからこそ、質がいいものを選びたいですし、お財布にも優しいものがいいですよね。 今回は1,500円以下のプチプラコスメで、優秀と話題になっている化粧下地 …

シミができる原因は「紫外線」だけじゃない!~シミ対策はお早めに~

歳をとるにつれて肌の水分量が減り、乾燥しやすくなったり日中の紫外線やメイクなどのダメージの積み重ねによって肌の奥では少しづつ変化がみられています。少しでも早くからダメージを修復して老化を遅らせる事で、 …

前の記事
小説『チュベローズで待ってる【AGE22】【AGE32】』をぜひ読んでほしい
次の記事
衣舞先生【電話占いピュアリ】|スピクラ!編集部おすすめ占い師