美容・ファッション

シルクのナイトキャップで美髪を目指そう!オススメのナイトキャップ3選と洗濯方法

投稿日:

ナイトキャップとは

寝る時にかぶる、就寝時用のツバなしの帽子です。
髪の毛を枕やシーツによる摩擦から保護したり、頭皮の乾燥や抜け毛を防ぐ目的でも使用できます。
ナイトキャップ自体は昔からあるもので、テレビなどでも目にしたことがある方は多いと思いますが、人気タレントの渡辺直美さん他、様々な美容インフルエンサーが、テレビやインスタ、Youtube等で「髪の毛がサラサラになる」と絶賛したことで効果が見直され、美容に敏感な女性を中心にじわじわと人気が高まっています。

人気はシルク素材

ナイトキャップと言うとサンタ帽のような形やネグリジェ姿の女性がかぶっているおしゃれな給食帽のようなものが想像されるかと思いますが、形も素材も実に様々。
そんな中で女性に最も注目されているのは、シルク素材のナイトキャップです。
肌に優しく保湿力も高いシルク素材はパジャマや寝具でも人気がありますが、高価なイメージもあってかなかなか手が出なかったという人もいると思います。でもナイトキャップなら比較的安価に手に入るので、気軽にシルクの良さを体感することができるはずです。

オススメのナイトキャップ3選

LILYSILK

カラー:トープ 2,799円(税込)※Amazon価格(2020年7月21日)

LILYSILKは高級シルク専門店。ナイトキャップだけでなく寝具やパジャマ、洋服やインナーなども販売しています。ナイトキャップにももちろん天然シルクが100%使われていて、色や形の展開も豊富。ナイトキャップは公式サイトの他、各ECサイトでも購入することができます。

LILYSILK公式サイト

クリームシルク

カラー:アイボリー 1,480円(税込み)※Amazon価格(2020年7月21日)

こちらもシルク100%でロングヘアも対応のタイプ。LilySilkのものより安い上、木の櫛もついていてお得です。洗い替え用にも。

クリームシルク ナイトキャップ(Amazon)

KTWORLD

カラー:オフ地に小花 1,630円(税込み)

こちらは綿素材のナイトキャップ。柄が可愛らしいのと外周がすべてゴムになっているので、髪の毛をしまうだけでOKの楽ちんなタイプ。ゴムは取替口がついているので自分でサイズを調整することができます。
シルクは洗濯に気を遣う必要があるので、ものぐささんは綿素材など洗濯機で気軽に洗えるものも試してみてください。

KTWORLDナイトキャップ(楽天市場)

シルクのナイトキャップを洗う方法

シルク素材のものは雑に扱うと表面がザラつき、質が落ちてしまう可能性もあるので、3~4日に1回の頻度でやさしく手洗いorネットに入れて洗濯機の手洗いモードで洗うようにします。
使う洗剤は「おしゃれ着洗い用」でシルク対応のものを使うようにし、漂白剤や柔軟剤は使わないようにしましょう。

用意するもの

洗面器(バケツ)
おしゃれ着用洗剤(シルク対応のもの)
タオル(脱水用)

洗濯の手順

①洗面器に水(ぬるま湯を使う場合は30℃まで)を貯め、規定量の洗剤を溶かす。
②洗剤を溶かした水にナイトキャップを入れ、優しく押し洗いをする。
③2~3回水を変えてすすぐ。
④タオルで挟んで押し、水を切る。
⑤形を整えて陰干しをする。

※上記はあくまでも一例です。商品についている洗濯表示を見て、適した方法で洗うようにしましょう。

-美容・ファッション -

関連記事

渋谷のマッサージ店おすすめ4選【安い・安心♡】

安い料金で気軽に癒してくれる、女性も安心して受けられる渋谷のマッサージ店をご紹介します。主なメニュー(料金)や予約方法なども載せているので、マッサージ店選びの参考にしてみてください。 ①ほぐしの達人 …

“薬用ビューネ”ですべすべ肌に

洗顔後やお風呂上がりに必須の化粧水。みなさんは何を使っていますか? 今回紹介するメナードの“薬用ビューネ”はいつも健康で調子のいい「前向き素肌」へと導くことをコンセプトに、年代を問わず多くの人に愛用さ …

乾燥から手を守ろう!おすすめのハンドクリーム

寒い季節、女性のみなさんが悩むことと言えばズバリ“乾燥”ではないでしょうか! 特に手荒れに悩んでいる方って多いと思います。手が荒れると何もしたくないんですよね… そこで今回は手荒れに悩む方必見!おすす …

【ALL1,000円以下!】絶対買い!のプチプラ♡バズコスメ

バズったのには理由があった!? 最近のプチプラコスメは「安いだけ」じゃない!驚きのコスパを実現していて、本当に使えるものが多いのも魅力です。 SNSなどでバズった商品の中から、これは絶対買い!と自信を …

2017年秋冬はこれを履くべし!トレンド靴4選

“オシャレは足元から”という言葉、よく聞きませんか? 人は自分の目線に近いところに意識や目線がいきます。髪型だったり、トップス、ボトムス、時計、指輪…そして最後に靴です。 そう!最後に靴なんです! ど …