カルチャー

知らなきゃ損?!噂の”EBiDAN”とは

投稿日:

みなさんは“EBiDAN(エビダン)”を知っていますか?
なんとなく聞いたことはあるけれど詳しくは知らない…といった方がほとんどだと思います。

この記事を読めばあっという間に底なし沼にハマる!…はず(笑)

EBiDAN(エビダン)とは?

スターダストプロモーションに所属する若手男性俳優・タレントで構成されたアーティスト集団、演劇集団。「恵比寿学園男子部」の略である。

歌やダンスといったアイドルのような活動を行っていますが、「非アイドル」を掲げています。

EBiDAN(エビダン)に所属するグループ

EBiDAN(エビダン)の中には様々な場面で活躍しているグループがあります。
今回は代表的なグループをいくつかご紹介したいと思います。(全て紹介できないのが悔しい…)

超特急(チョウトッキュウ)

ボーカル2人、ダンサー5人の史上初メインダンサーバックボーカルグループ。
シングルごとにセンターが変わり、シングル発表の度にファンはドキドキするんです…

電車がモチーフで年齢順に1号車、2号車…と担当が分けられています。
ファンの名称は8号車。繋がってる感じがいいですよね!連結!

2号車のカイさんは映画『東京喰種 トーキョーグール』(公開中)に出演、4号車のタクヤさんは映画『兄に愛されすぎて困ってます』(公開中)に出演しており、ソロでも活躍しています。

また、2017年4月にリリースされたシングル『超ネバギバDANCE』がオリコン週間ランキングで一位を獲得し、年末には超特急史上最大規模となるツアーが開催されることが決定しており、今最も波に乗っているグループです!

公式HP:超特急

DISH//(ディッシュ)

5人組ダンスロックバンド。
2017年元日にドラムの泉大智さんが加入し、一気にバンド色が強くなりました。

独特な自己紹介や型にとらわれないライブパフォーマンスが人気で、日本語に訳した「皿」の愛称でも呼ばれるグループ名にちなみ、客席に向けて紙皿を投げる“フライングディッシュ”がライブの名物となっています。

耳に残るキャッチ―な曲が多く、筆者は2014年にリリースされた「サイショの恋~モテたくて~」を聞いてハマりました。踊れますからね。

ボーカルとギターを担当している北村匠海さんは今年だけでも3本の映画に出演することが決まっており、大注目の若手俳優でもあります。

公式HP:DISH//

PrizmaX(プリズマックス)

伸びのあるボーカルにキレのあるダンスがマッチする超国際派ダンスボーカルユニット。

ボーカル2人、ラッパー(MCも担当)1人、パフォーマー2人といった構成でまとまりのある魅力的なステージでとにかく生歌と生パフォーマンスが映えるグループです。
とにかく!一度!ライブを!見てほしい!
メンバー同士10年来の付き合いということもあり、喋り出すと見た目やパフォーマンスに反してとてもゆるっとした雰囲気が流れます。

ボーカルの森崎ウィンさんは俳優としても活躍しており、2018年3月公開予定のスティーブン・スピルバーグ監督作品『レディ・プレイヤー・ワン』に出演が決定しています。

また、2017年8月に8枚目のシングル『Orange Moon』が発売し、12月には日本青年館ホールでのライブが決定されています!

公式HP:PrizmaX

最後に

いかがでしたでしょうか?各グループにそれぞれのキャラがあり、ファン層もそれぞれ違います。
しかし、どのグループもライブが本当に楽しい!
紹介しきれていませんが、EBiDANにはもっともっと魅力のあるグループが所属しています。
気になった方はぜひぜひチェックしてみてください!

-カルチャー -

関連記事

当たる電話占いランキングBEST5

当たる電話占いランキングBEST5【不倫・復縁相談】

手軽に電話一本で占い鑑定がしてもらえると人気の電話占い。その人気も相まって、電話占いサイトは年々増加しています。 そうなると気になるのは「どのサイトが使いやすいの?」「どのサイトが当たるの?」という点 …

2018年注目舞台情報!あなたはどれを観に行く?

舞台の世界は常に数か月前から動きがある世界。 すでに2018年に上演予定の作品も続々と情報が告知され、チケット販売が始まっている舞台も。 そこで、今回は2017年11月現時点で告知されている2018年 …

9月は映画館へ!京アニ新作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝』3週間限定上映

繊細な作画やストーリーで人々の心を打つ魅力的なアニメーション作品を多く排出してきた京都アニメーション。 2019年7月、そのアニメ制作現場を支えてきた多くのスタッフが理不尽な形で命を奪われ、傷つけられ …

サブカル好きは『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』を観よう

渋谷直角によるサブカル漫画を、『モテキ』『バクマン。』で知られる大根仁監督により実写映画化。”奥田民生になりたいボーイ”を妻夫木聡が、”出会う男すべて狂わせるガール …

【邦画】淡々と進む『心に沁みる』映画

邦画は心の描写が丁寧 ハリウッドや洋画は、スケールも大きく迫力も満点です。 それに比べると邦画は、日本人らしく控えめな表現が多い気がします。 しかしだからこそ、人の心理描写や身体言語などが繊細に描かれ …