ライフスタイル

間違った熱中症対策してない?簡単にできる予防と対策

投稿日: 更新日:

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れ体温の調節機能が働くなったり体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気の事です。

年々、暑さが増していますが正しい熱中症対策できていますか?今回は間違った熱中症対策と簡単にできる正しい予防と対策を紹介していきたいと思います。
 

 間違った熱中症対策

 水の一気飲み

一気に大量の水を取ろうとすると血中の塩分濃度が薄まり、尿も多く出てかえって脱水になりやすくなります。一気にではなくこまめに補給する事が大切です。
 

 こまめに汗を拭く

汗をかいてしまうと拭きたくなりますが、こまめに汗を拭き取ってしまうと体温が低下せずにさらに大量の汗をかいてしまいます。ある程度、皮膚に水分が残る様にしましょう。

 日陰や雨の日、部屋の中では熱中症にならない

日陰や雨に日、部屋の中でも熱中症になる危険があります。油断せずにこまめに水分や塩分を補給して下さい。

 お茶やコーヒーを水代わりにする

水の代わりに好きな飲み物で水分補給してもいいのですが、利尿作用があるものは避けるようにしましょう。
お茶やコーヒーに含まれるカフェインやビールなど酒類に含まれるアルコールには利尿作用があり脱水を促進する事があります。熱中症対策には向いていません
 

 正しい予防と対策

 外出時には日差しを避ける

直射、日光に当たると汗をたくさんかき、体内の水分が不足します。外出する時はなるべく日陰を選び、日傘をさしたり帽子をかぶったりしましょう。

 水だけではなく塩分も

汗は水分と塩分で作られています。暑くなってきたら予防の為にも水分と塩分をとりましょう
また、糖分は塩分の吸収を高めてくれる為、汗をかいたら水分だけでなく塩あめやスポーツドリンクなどで塩分と糖分を一緒に補給して下さい。

 服装にも注意

襟元や袖口がゆったりとした、熱気や汗を逃がしやすい通気性の良い服を選びましょう。黒い服は太陽の熱を吸収してしまうので避ける事をおすすめします。

 扇風機とエアコンを適切に使う

熱中症は部屋の中でも起こります。節電を心がけるあまり熱中症で無くなる人も多くいますので、エアコンや扇風機を併用し上手に室内での熱中症を防ぎましょう。
 

 暑さに備えた身体づくりも大切

暑さになれやすい体かどうかも熱中症のなりやすさに関係しています。暑さに備えた身体作りも大切です。

 日頃から軽い運動を

日頃から毎日ウォーキングを行うなど汗をかく習慣をつけておくと急な暑さにもなれやすく熱中症にかかりにくくなります。

 半身浴も効果的

40度前後のお湯を浴槽に張り、半身浴をして汗をかくのも効果的です。この時も水分補給する事は忘れずに!!

 

-ライフスタイル -,

関連記事

当たる電話占いランキングBEST5

当たる電話占いランキングBEST5【不倫・復縁相談】

手軽に電話一本で占い鑑定がしてもらえると人気の電話占い。その人気も相まって、電話占いサイトは年々増加しています。 そうなると気になるのは「どのサイトが使いやすいの?」「どのサイトが当たるの?」という点 …

【2019最新】捨てずに何回も使える!おすすめ「充電式カイロ」5選

カイロといえば、使い捨てカイロですが毎日使っているとコスパが悪く、温まりたいという時に限って冷えているっていう事も・・・。 数分だけ使用したいという時でも一度使い始めてしまうと途中で止める事ができませ …

選ぶとき何を見てる?加湿タイプから見る加湿器

厳しい寒さが続き、乾燥が嫌でも肌でわかるような日々が続きますね。みなさんは乾燥対策、しっかりしていますか? 今回は、部屋の乾燥を防ぐのに欠かせない『加湿器』について、加湿方法の部分に焦点を当ててご紹介 …

「オン会」をしよう!オンライン飲み会の魅力

オフ会とは、オンライン(ネット)上で知り合った者同士が直接会って話したり遊んだり食事をしたりするイベントのこと。では、「オフ会はあるのにオン会は無いの?」と思ったことはありませんか?これがあるんです、 …

睡眠の質改善に!オーダーメイド枕で快眠を手に入れよう!

みなさんは毎晩、きちんと眠れていますか? なかなか上手く寝付けない、寝てもすぐに目が覚めてしまう、起きたら体がバキバキに……。 もしかしたらその症状、枕が合っていないのかもしれません。 自分の頭や首、 …

前の記事
ドロドロメイクとおさらば!梅雨の時期にも負けないメイク術
次の記事
ポッピングボバってなんだ!?いくらそっくりの食べるジュースが話題!